本サイトでは、現在お使いのブラウザからの閲覧を推奨しておりません。
このまま閲覧されますと、正しく表示されない場合がございます。
ブラウザを最新版にアップデートしてご覧ください。

FABBERS’ ACTION PROJECT 成果報告会

新しい「道具」「バリアフリー」「シェルター」の形って?

「FABBERS’ ACTION PROJECT」は、現代社会に存在する大小さまざまな課題に光を当て、デジタルファブリケーション(FAB)を中心とするものづくりの力によって課題を解決していくプロジェクトです。異なる社会課題に挑んだ3チームが、このたび、活動の成果を発表します!はたして、新しい「ものづくりの道具」「バリアフリー」「シェルター」の形とは? 公開でプレゼンテーションを行いますので、どうぞお気軽にご参加ください。

日時:平成27年12月17日(木)19:30-21:30(開場19:15)

会場:Makers’ Base

東京都目黒区下目黒2-5-12

(JR/都営三田線目黒駅徒歩8分)

参加費:無料(要事前申込)

定員:30名

お申込み方法:下記URLのフォームにご記入ください。

https://goo.gl/scYGKO

 

※頂いた個人情報は厳重に管理し、本事業に関わるご連絡にのみ使用致します。

※内容は変更になる場合があります。


 

【 FAB×社会課題に挑んだ3チーム】
①チーム「治具」(FabCafe x Makers’ Base)
デジタルファブリケーションをあくまでもツールとして捉えて、工作道具や治具(じぐ)など、“FABでモノを作るための道具をつくる”ことに挑戦。「組み」「曲げ」「切る」「削る」といった加工を誰でも簡単に出来るような「治具」を考案し、実際に治具を利用して制作した椅子等を紹介します。

>>プロジェクトレポート「PROJECT REPORT:FABでモノを作るための道具をつくる」
①http://tokyofabbers.com/news/1213
②http://tokyofabbers.com/news/1329

メンバー
高井浩司
島田英里子
大木昇
三浦泰治
渡辺仁史
金岡大輝(FabCafe)
横山ありさ(FabCafe)
松田純平(Makers’ Base)

 

②チーム「バリアフリー」(coromoza x IID 世田谷ものづくり学校)
テーマは、「FABで実現する、公共施設のバリアフリー」。廃校となった中学校校舎を
再生活用した「IID世田谷ものづくり学校」を題材に、チーム全員で施設を視察し、多様な人が利用する上での課題を検討。課題を解決するための装置等をFABツールで制作。公共空間の公園化を目指し、プロダクト、モジュール、サインを提案します。

>>プロジェクトレポート「PROJECT REPORT:FABで実現する、公共施設のバリアフリー」
①http://tokyofabbers.com/news/1234
②http://tokyofabbers.com/news/1239
③http://tokyofabbers.com/news/1303
④http://tokyofabbers.com/news/1354

メンバー
多賀重雄
納庄俊匡
西田 拓志(coromoza)
徳永 啓太(coromoza)
石川 千央(coromoza)
石塚和人(IID世田谷ものづくり学校)
大前敬文(IID世田谷ものづくり学校)
横岩良太(IID世田谷ものづくり学校)
和政鐘居(IID世田谷ものづくり学校)

 

③チーム「シェルター」(FabLab Shibuya x HappyPrinters)
キーワードは「シェルター」。その定義を「自分と周囲の空間を区切るもの」とし、防災やレジャーの分野にとどまらず「楽しく作れる」「入ってみたくなる」シェルターづくりに挑戦。オープンソースとして第三者も使えるよう、構造や素材に工夫を凝らしています。

>>プロジェクトレポート「FABの力でオープンソースシェルターをつくる」
①http://tokyofabbers.com/news/1221
②http://tokyofabbers.com/news/1346
③http://tokyofabbers.com/news/1433

メンバー
永野佳恵
臼木菜穂
奥野一孝
根間美砂子
井上恵介(FabLab Shibuya)
杉原彩子(HappyPrinters)

 


 

ゲストコメンテーター

 

原 雄司(株式会社ケイズデザインラボ 代表取締役)
hara

通信機メーカーの試作現場に就職後、格闘家を続けながら3次元CAD/CAMメーカーに転職し、開発責任者、子会社社長などを経て、2006年にケイズデザインラボを設立。企業プロジェクト、アート、医療、エンターテインメントまで、分野を横断して3Dデジタルものづくりを提案している。

Webサイト:ケイズデザインラボ 

 

塩澤 豊(オートデスク株式会社/3D エバンジェリスト) shiozawa

自動車部品のメカ設計者時代に3D CADに出会い3Dテクノロジーに魅了され、3Dデザインソフトウェアメーカーに転職。オートデスクと言うソフトウェア会社で3Dテクノロジーを普及させる活動を行っています。ものづくりとコンピューターが好きで、3Dモデリングしたり、子供とLEGOや工作をしたりして楽しんでいます。

Webサイト:オートデスク 

 

越智岳人(fabcross副編集長/ウェブマスター)ochi 

1978年生まれ。いくつかの業界でデジタル・マーケティングに10年ほど従事した後に、2013年にメイテックグループでfabcrossを立ち上げる。現在はハードウェアスタートアップやファブ施設への取材を中心に、日本のデジタルものづくりのあり方についての記事を執筆・配信中。これまでに取材したファブ施設は北海道から九州まで約40か所以上にのぼる。

Webサイト:fabcross

 

開催日時
平成27年12月17日(木)19:30-21:30(開場19:15)
会場
Makers'Base 3F 東京都目黒区下目黒2-5-12
JR/都営三田線目黒駅徒歩8分
主催
東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、FabCafe LLP
CONTACT/お問い合わせ

TOKYO FABBERS事務局(FabCafe LLP)

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F

03-6416-9190

tokyofabbers@gmail.com

個人情報のお取り扱いについて

メールマガジンはこちらから