本サイトでは、現在お使いのブラウザからの閲覧を推奨しておりません。
このまま閲覧されますと、正しく表示されない場合がございます。
ブラウザを最新版にアップデートしてご覧ください。

REPORT

TOKYOFABBERSの活動

TOKYO FABBERS’ REPORTING♯0

日時:2014年12月7日 

会場:IID世田谷ものづくり学校 13:00~14:00

リサーチ設計:平本知樹、熊谷薫

TOKYO FABBERS’ FESではREPORTING♯0として、全国のFABスペースのリサーチをスタートしました。全国にFABスペースは増加してきており、様々な特徴をもっています。その傾向を探り、コラボレーションの可能性を探ることを目標に今回はTOKYO FABBERSに参加する拠点と既に関係性のあるスペースを対象とし、アンケート調査を実施しました。

回答によれば、FABスペースを開設するきっかけも、行政主導であったり、クリエイターの個人的なニーズが発端になっていたりと実に様々です。また、様々な条件の違いにより、立地場所や運営形態が異なるため、より一層個性的な活動が展開されています。今回はアンケートでの各活動のヒアリングに留まりましたが、今後はより多くのデータを集め、全国のFABに関する活動傾向の分析へと進めていこうと考えています。

また、会場には東京以外からの参加者も見られ、徐々にFABという活動への関心が高まっていると感じられました。プレゼンターの平本氏からは、世界の潮流の事例としてアメリカでのオバマ大統領がFABの教育を推進しているということや、ホームレスの男性がFABのトレーニングを受け、社会復帰したことなどが紹介されました。

参加者はFAB自体が未知なため、まずは情報を知りたいという方から、こうしたスペースを始めたいという方まで様々でした。今後、TOKYO FABBERSとして、情報発信力を高め、各拠点のFAB事業の運営のナレッジを共有していくことが重要だと感じられました。

TOKYO FABBERSは、今回集まった情報を参考にしながら、FABに関わる人々のニーズをくみ取り、今後の活動の方向性を検討していきます。

アンケートにご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

当日使用したアンケート結果をまとめたプレゼン資料は下記よりダウンロードしてご覧ください。

20141207_TFFES_REPORTING♯0

(TOKYO FABBERS事務局 文:熊谷)

2014.12.7 update
FABBERS' ACTION PROJECT 大品モノラボ...
2016.1.22
FABBERS' ACTION PROJECT成果報告会レポ...
2016.1.15
PROJECT REPORT:FABで実現する、公共施設のバ...
2015.12.15
PROJECT REPORT:FABでモノを作るための道具を...
2015.12.10
PROJECT REPORT:FABの力でオープンソースシェ...
2015.11.28
PROJECT REPORT:FABの力でオープンソースシェ...
2015.11.20
BACK TO REPORT LIST
CONTACT/お問い合わせ

TOKYO FABBERS事務局(FabCafe LLP)

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F

03-6416-9190

tokyofabbers@gmail.com

個人情報のお取り扱いについて

メールマガジンはこちらから