本サイトでは、現在お使いのブラウザからの閲覧を推奨しておりません。
このまま閲覧されますと、正しく表示されない場合がございます。
ブラウザを最新版にアップデートしてご覧ください。

REPORT

TOKYOFABBERSの活動

PROJECT REPORT:FABでモノを作るための道具をつくる③

12月9日、「FABでモノを作るための道具をつくる」チームの打ち合わせ。

治具を伝えるためのアウトプットとして、チームをさらに「椅子、パビリオン、ジグペディア(web上の治具コミュニティ)」という3つのグループに分けて活動中。成果報告会では、大小様々なアウトプットを通して、来場者に治具の可能性を感覚的に伝えたいと考えています。

まずは「椅子」グループの活動からご紹介します。中間発表で作った、スキャンデータからの治具を活用した椅子に方向性を絞りました。竹の椅子が技術的な困難に当たっていますが、有機素材を使うという主題を再確認し、素材を再検討することに。

12321304_906031099511556_368140230443213101_n

これが中間発表でのサンプル。公園で拾った枝をスキャンしたデータから専用ジョイントパーツを作り、枝を脚として座面に固定して作った自立するミニスツール。

_DSC9211

「パビリオン」は形は3Dの検証をし形は決まっているので、あとはモックを作っていく作業! みんなで木材屋の情報交換をしました。

 

「ジグペディア」はwebサイトもつくりはじめ、内容を詰めていくばかりです。 DSC07721 DSC07720

2015.12.10 update
FABBERS' ACTION PROJECT 大品モノラボ...
2016.1.22
FABBERS' ACTION PROJECT成果報告会レポ...
2016.1.15
PROJECT REPORT:FABで実現する、公共施設のバ...
2015.12.15
PROJECT REPORT:FABでモノを作るための道具を...
2015.12.10
PROJECT REPORT:FABの力でオープンソースシェ...
2015.11.28
PROJECT REPORT:FABの力でオープンソースシェ...
2015.11.20
BACK TO REPORT LIST
CONTACT/お問い合わせ

TOKYO FABBERS事務局(FabCafe LLP)

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F

03-6416-9190

tokyofabbers@gmail.com

個人情報のお取り扱いについて

メールマガジンはこちらから